Infomation

パワーステアリングが壊れたら

次の自動車を手に入れるために、今乗っている自動車を高く買ってもらえれば、大いに助かります。

そのためには、丁寧に車に乗ることが大切になります。

特に急ハンドルや無理な取り回しは、車の制御であるステアリングシステムにダメージを与えることがありますので注意が必要です。

今ではパワー・ステアリング・システムが大半の車に装着されています。

私たちは当たり前のように使っていますが、ハンドリングとは本当は重いものなのです。

危険な目にあうことは少ないですが、壊れた履歴があると車を買取や下取りに出すときのマイナスポイントになります。

しっかりとメンテナンスしておかないと、安全に大きく影響を及ぼすシステムなので、急にハンドルが重くなっていて、コーナーを曲がり切れなくなることもあるのです。

もしトラブルが起こっても、最低限のハンドルの操作は行えるようになっていますが、この重量がかかった前輪を動かすためには、かなりの力が必要です。

現在では電動モーター式のものもありますが、エンジンシャフトの回転をパワー・ステアリングポンプの油圧で、ハンドルを回わす力を補助する油圧式のパワー・ステアリングが多いです。

走行中に急にトラブルが起こると、直進中はパワー・ステアリングが作動していないので、トラブルになりませんが、カーブに差し掛かると、ハンドルが重くなったことに気づいて危険な目にあうこともあるので、パワー・ステアリング・システムの定期的なチェックは是非おすすめします。