Infomation

後部座席のエアバッグ

今ではほとんどの車の運転席と助手席にはエアバッグがついていますが、後の座席となるとまだ装備されいない車がほとんどです。

確かに後の座席の危険度は、前の座席と比べると低いのですが、高速道路でのすべての座席のシートベルト装着義務が課せられる道交法改正によって、後の座席もより安全性を求められているはずです。

当然、新車販売のセールスポイントとしても、高評価を得るために、後部座席のエアバッグの有無は、より安全性が高いということで大きなポイントになってもよいのでしょうが、なぜ後部座席にエアバッグがついていないかご存知ですか?

確かに後部座席にエアバッグがあれば、安全性がより高まるようにも思えますが、後部座席の場合、座っている位置が様々で、的確に座っている人の頭部を守ることが難しいのです。

自動車メーカーでは、後に座っている人の場所を検知する研究もされていますが、コストが高くなってしまい、普及するには現実性がないのです。

さらに密閉された車の中で爆発的に多くのエアバッグが動作すると、急激な車内気圧の上昇により鼓膜が破れる危険性も考えられ、心臓に持病を持っている場合には、胸を圧迫されてダメージを受けるといったことも予想されるため装着することができていません。

火薬を爆発させることで気体を発生させ、その気体でバッグを膨らませる原理がエアバッグの構造ですから、車が衝突した衝撃を吸収するとはいえ、エアバッグが動作した時の衝撃もかなりのものになります。

今後も運転の安全性を高めるために自動車業界は様々な技術開発を進めるのでしょうが、後部座席の安全性を高める研究は、まだまだ道半ばといったところでしょう。